Led Zeppelin The Complete Studio Recordings (1993)

       "Communications Breakdown" "Babe I'm Gonna Leave You" "Good Times Bad Times" "Whole Lotta Love" "Thank You" "Ramble On" "Heartbreaker" "What Is and What Should Never Be" "Immigrant Song" "Since I've Been Loving You" "Gallow's Pole" "Stairway to Heaven"
       
	 File: 41  Score: 3.4  against: +10 +行でズバリ !! データの公開 (ADO.NET Data Services) (VB): Visual Studio 2008 対応版
       
    




//





//*/
var detectedLocale = 'ja-jp';
var wtsp="_netframework_";
var gTrackEvents = 1;
var omni_guid='f681a60e-a476-4782-af69-d33f68f712d6';//]]>



//




        
        
            
                
                    
                         
                        


    
        .NET Framework デベロッパー センター
    
    
        
    
    
    

    
    
         
            サインイン

        
        
            
    
        
            日本 - 日本語 
            
        
        
            
                
                Argentina (Español)
                
                Brasil (Português)
                
                Canada (English)
                
                Canada (Français)
                
                中国 (简体中文)
                
                Colombia (Español)
                
                Deutschland (Deutsch)
                
                España (Español)
                
                France (Français)
                
                India (English)
                
                Italia (Italiano)
                
                日本 (日本語)
                
                한국 (한국어)
                
                México (Español)
                
                Perú (Español)
                
                Россия (Pусский)
                
                台灣 (繁體中文)
                
                United Kingdom (English)
                
                United States (English)
                
                その他
            
        
    

        
        
        
    
    
    
        
    
    


    
	   
ホームライブラリラーニングダウンロードサポートコミュニティフォーラムMSDN
サイト マップ
    



    
        MSDN スキルアップ センター"How Do
I?"ビデオバージョン管理に関する Q&ADo-It-Yourself
シリーズサンプル コード集解説動画逆引きサンプル
コード
    
   

                         
                         
                         
                        
                            
                                
                                    
                                            
                                                
	


    
		
			
            
				
     印刷用ページ  
      
     送信  
      
   
			
			
            
				
        
						
              
                
                  
                   
クリックして評価とフィードバックをお寄せください
                  
                  
                      
							     
						
                  
						
                
              
            
					
            
            
          
						このコンテンツへのフィードバックをお寄せください
				
				
      
			
		
	
	
  



                                            
                                        
                                     
                                    .NET Framework デベロッパー
センター > ラーニング > サンプル
コード集 > Visual Basic > データ
アクセス - ADO.NET Data
Services >  データの公開 (ADO.NET Data
Services) (VB)
                                     
                                    
	
                                         10 行でズバリ !!
データの公開 (ADO.NET Data Services) (VB)更新日: 2009 年 12
月 11 日対応バージョン: Visual Studio 2008 以降C#
の内容はこちらに掲載しています。10 行でズバリ !!
データの公開 (ADO.NET Data Services) (C#)
		
                
                    
                        
                        
                        
                    
                    
                        
                         このコンテンツのポイントADO.NET
Data Services によるサービスの実装方法REST 形式による
ADO.NET Data Services サービスへのアクセス
今回紹介するコード

    
    
        
            
        
        
    
    
    Imports System.Data.Services
Imports System.Linq
Imports System.ServiceModel.Web

Public Class NorthwindDataService
    ' TODO: [[class name]] をデータ
クラス名に置き換えてください
    Inherits DataService(Of NORTHWNDEntities)

    '
このメソッドは、サービス全体のポリシーを初期化するために、1
度だけ呼び出されます。
    Public Shared Sub InitializeService(ByVal config As
IDataServiceConfiguration)
        config.SetEntitySetAccessRule("*", EntitySetRights.All)
        ' TODO: 表示や更新などが可能なエンティティ
セットおよびサービス操作を示す規則を設定してください
        ' 例:
        ' config.SetEntitySetAccessRule("MyEntityset",
EntitySetRights.AllRead)
        ' config.SetServiceOperationAccessRule("MyServiceOperation",
ServiceOperationRights.All)
    End Sub

End Class
    



                        
                    
                    
                        
                        
                        
                    
                
            
	目次はじめにWeb
アプリケーションの開発準備データベースとエンティティ
データ モデルの準備ADO.NET Data Services
の準備サービス
コードの修正ブラウザーによるサービスへのアクセス1.
はじめにADO.NET Data Services は、REST 形式により HTTP
経由でデータを公開するためのフレームワークです。このフレームワークを利用することで、データベースへのアクセスを担当するサーバー側アプリケーション
(サービス) を非常に簡単に構築できます。ここでは
ADO.NET Data Services
によるサービス作成の基本的な手順について、実際に
Visual Studio
を使いながら解説していきます。なお、ここで説明する内容を実施するには、Visual
Studio 2008 SP1
以上が必要になります。また、データベースのアクセス技術としては
ADO.NET Entity Framework を使用します。.NET Framework 3.5 SP1
では、ADO.NET Data Services は ADO.NET Entity Framework
との利用を前提として設計されています。このため、LINQ
to SQL などの他のデータ
アクセス技術を利用する場合には、いくつかの追加コーディングが必要となります。以下では、データベースにアクセスするためのエンティティ
データ モデルをまず作成し、そのデータを公開する
ADO.NET Data Services のサービスを含む ASP.NET Web
アプリケーションを作成します。ページのトップへ2.
Web アプリケーションの開発準備ADO.NET Data Services
は、ASP.NET Web
アプリケーションの一部の機能として実装できます。そのため、ここではまず、ASP.NET
Web
アプリケーションのプロジェクトを新規作成します。Visual
Studio を起動して、[ファイル] メニューの [新規作成]
から [プロジェクト]
をクリックし、[新しいプロジェクト]
ダイアログを開きます。そして
[プロジェクトの種類] で [Web] を、[テンプレート]
では [ASP.NET Web アプリケーション]
を選択します。[プロジェクト名]
は任意の名前を指定できます。ここでは「DataServiceWebApp」としています。図
1 [新しいプロジェクト] ダイアログで ASP.NET Web
アプリケーションのプロジェクトを新規作成ページのトップへ3.
データベースとエンティティ データ
モデルの準備今回は、アクセスするデータベースとして、このページ
(英語) からダウンロードできる Northwind
データベース (NORTHWND.MDF ファイル)
を使用します。それでは次に、データベースのアクセスに必要となるエンティティ
データ
モデルを作成していきましょう。これには、[プロジェクト]
メニューの [新しい項目の追加]
を選択し、[新しい項目の追加]
ダイアログを開きます。そして、テンプレートとして
[ADO.NET Entity Data Model]
を選択します。ファイル名は「Northwind」としました。図
2 [ADO.NET Entity Data Model]
の項目をプロジェクトへ追加[追加]
ボタンをクリックすると、Entity Data Model
ウィザードが起動します。最初の画面では、[データベースから生成]
が選択された状態で [次へ]
ボタンをクリックします。図 3
[データベースから生成] が選択された状態で [次へ]
ボタンをクリック次にデータ接続の選択を行います。ここでは右上にある
[新しい接続] ボタンをクリックしてください。図 4
[新しい接続] ボタンをクリックして
[接続のプロパティ]
ダイアログを開く[接続のプロパティ]
ダイアログが開きますので、[データ ソース] として
[Microsoft SQL Server データベース ファイル (SqlClient)]
を、[データベース ファイル名]
としては、ダウンロードしたデータベース ファイル
(NORTHWND.MDF ファイル) のパスを指定して、[OK]
ボタンをクリックします。図 5 データ
ソースとデータベース ファイルを設定するEntity Data
Model ウィザードに戻り、[次へ]
ボタンをクリックすると、データベース
オブジェクトの選択画面となります。ここでは
[テーブル] の項目にチェックを入れ、[完了]
ボタンをクリックします。下部分にある
[モデル名前空間]
は「NORTHWNDModel」のままにしています。図 6
[テーブル] の項目にチェックを入れ [完了]
ボタンをクリック以上により、エンティティ データ
モデルが作成できました。これにともない、オブジェクト
コンテキストである NORTHWNDEntities
クラスや、データベースの各テーブルに対応した
Customers や Orders といったエンティティ
クラスも自動生成されています。図 7
作成したエンティティ データ
モデルページのトップへ4. ADO.NET Data Services
の準備次に、ADO.NET Data Services
の機能をプロジェクトに追加します。これには、[プロジェクト]
メニューの [新しい項目の追加] を選択し、再度
[新しい項目の追加]
ダイアログを開きます。そして、テンプレートとして
[ADO.NET Data Service]
を選択します。ファイル名は「NorthwindDataService」としました。図
8 [ADO.NET Data Service]
の項目をプロジェクトへ追加[追加]
ボタンをクリックすると、Visual Basic
のコードが開きますが、これがサービスの実装となります。以下ではこれを編集していきます。図
9
自動生成されたサービスの実装コードページのトップへ5.
サービス
コードの修正ここでは自動生成されたコードを修正し、サービスのデータ
ソースとなるオブジェクト
コンテキストの指定と、エンティティへのアクセス権の設定の
2
つを行います。自動生成されたコードは、次のようになっています。3
個所あるコメント文をよくご覧ください。そのうちの
2 個所は TODO
コメントとなっており、修正が必須です。

    
    
        
            
        
        
    
    
    Imports System.Data.Services
Imports System.Linq
Imports System.ServiceModel.Web

Public Class NorthwindDataService
    ' TODO: [[class name]] をデータ
クラス名に置き換えてください
    Inherits DataService(Of [[class name]])

    '
このメソッドは、サービス全体のポリシーを初期化するために、1
度だけ呼び出されます。
    Public Shared Sub InitializeService(ByVal config As
IDataServiceConfiguration)
        ' TODO: 表示や更新などが可能なエンティティ
セットおよびサービス操作を示す規則を設定してください
        ' 例:
        ' config.SetEntitySetAccessRule("MyEntityset",
EntitySetRights.AllRead)
        ' config.SetServiceOperationAccessRule("MyServiceOperation",
ServiceOperationRights.All)
    End Sub

End Class
    


まず、データ クラス名を記述します。ADO.NET Entity
Framework
を使用している場合、ここには通常、オブジェクト
コンテキスト (ここでは NORTHWNDEntities)
を指定します。Public Class NorthwindDataService ' TODO: [[class
name]] をデータ クラス名に置き換えてください
Inherits DataService(Of NORTHWNDEntities)続いて、次のような 1
行 (太字部分) を InitializeService メソッド内の 1
行目に記述してください。'
このメソッドは、サービス全体のポリシーを初期化するために、1
度だけ呼び出されます。Public Shared Sub
InitializeService(ByVal config As
IDataServiceConfiguration)    config.SetEntitySetAccessRule("*",
EntitySetRights.All)    ' TODO:
表示や更新などが可能なエンティティ
セットおよびサービス操作を示す規則を設定してください    '
例:    ' config.SetEntitySetAccessRule("MyEntityset",
EntitySetRights.AllRead)    '
config.SetServiceOperationAccessRule("MyServiceOperation",
ServiceOperationRights.All)End Subこの 1
行は、先ほど作成したエンティティ データ
モデルにあるエンティティすべてに対して、このサービスでアクセス可能であることを示しています
(第 1
パラメータの「*」はすべてのエンティティを意味しています)。これに対し、自動生成されている
2 行のコード例の最初の行は、MyEntityset
という名前のエンティティに関して、読み取りのみを許可するという意味になります。また、コード例の
2 行目では、MyServiceOperation というサービス操作
(サービス オペレーション)
に対するアクセス権を指定しています。サービス操作はメソッドとして記述できますが、今回は作成しません。このようにして公開するデータやサービス操作を限定することができます。アクセス権の種類や詳細については、System.Data.Services
名前空間の EntitySetRights 列挙体や、ServiceOperationRights
列挙体の説明を参照してください。以上で、サービスに必要な最低限の修正は完了です。ページのトップへ6.
ブラウザーによるサービスへのアクセスそれでは
Visual Studio で [F5]
キーを押して、いま作成したサービスを実行してみましょう。ブラウザーが開き、次のような
XML データが表示されるはずです。図 10
サービス実行開始時のブラウザー表示以下では、URL
を変更しながら、Northwind
データベースのレコードが参照できる様子を紹介します。REST
形式である ADO.NET Data Services
のサービスでは、分かりやすい URL
により、データベースの各レコードにアクセスできます。まず、開いているブラウザの
URL を次のように変更してみてください。URL
中のポート番号部分 (ここでは 49869)
は、実行環境により異なります。http://localhost:49869/NorthwindDataService.svc/Customersこれにより、次の画面のように、Customers
テーブルの全レコードが XML
データとして表示されます。図 11 Customers
テーブルの全レコードを表示もし次のような画面表示になる場合は、ブラウザーの
[ツール] メニューの [インターネット オプション]
でダイアログを開き、[コンテンツ]
タブの一番下にある [フィードと Web スライス]
の設定にある詳細設定で、[フィードの読み取りビューを有効にする]
のチェックをはずしてください (Internet Explorer 8
の場合)。そしていったんブラウザーを閉じ、再度実行を開始してください。図
12
「フィードの読み取りビュー」が有効な場合の表示Customers
テーブルの主キーである CustomerID
列の値を指定して、特定のレコードのみを表示したい場合には、次のような
URL
を指定します。http://localhost:49869/NorthwindDataService.svc/Customers('ALFKI')これは、CustomerID
が「ALFKI」であるレコードを表示します。図 13
CustomerID が「ALFKI」の Customers
レコードを表示さらに、この Customers
レコードに関連する Orders レコードは、次のような
URL
によりアクセスできます。http://localhost:49869/NorthwindDataService.svc/Customers('ALFKI')/Ordersこのアクセス結果は次のようになります。図
14 CustomerID が「ALFKI」の Customers レコードに関連した
Orders レコードを表示なお、ここで表示されている
XML データのデータ形式は AtomPub (Atom Publishing Protocol)
と呼ばれる形式です。ADO.NET Data Services
ではこれ以外にも、JavaScript からアクセスしやすい
JSON (JavaScript Object Notation) 形式もサポートしています
(取得形式はクライアント側のリクエスト
ヘッダーで「Accept: application/atom+xml」や「Accept:
application/json」を指定)。また、ブラウザー上からでは簡単には試せないためここでは説明を割愛しますが、HTTP
メソッドとして POST や PUT、DELETE
などを指定することで、レコードの追加、更新、削除も可能です
(上記のブラウザによるアクセスでは HTTP
メソッドとして GET
が使用されています)。ページのトップへ
		
			もっと他のレシピを見る >> Code Recipe へ.NET
Framework の情報を探す >> .NET Framework
デベロッパー センターへ
		
			
    
        
            コメント (0)
            
                
        
    
    
        
            
            
           
コメントを残すにはサインインしてください。
        
        
				

				
            
            
					
                
                
                
            
				
            
            
        
			
        
    

		

	ページのトップへ
                                    

                                    
                                    
	
		


    
  
	
 
                                
                            
                        
                         
                         
                         
                        
                            


    
	プロファイル (個人情報)
の管理|お問い合わせ先|MSDN Flash
ニュースレター|日本での個人情報の取り扱い|サイトマップ|特定商取引法に基づく表示

    © 2010  Microsoft Corporation. All rights reserved.
    使用条件
    |
    商標
    |
    プライバシー
    
    


                        
                    
                
            
        
        
        




        
    


//





//


The Best Equipment Deals | Best Music Deals
Midi Mime Types SiteMap Contact Subscribe © 2014 JimmyLandStudios